<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ノックは無用!

タイトルに意味はありません。
しかし、今思うと土日の昼間は横山ノックと上岡龍太郎の独壇場でしたな。

さ、それよりも去年のIOFTで無理矢理予約させられたモデルが入荷してまいりました!

Horn by Markus T!!!!

水牛の角(バッファロー・ホーン)を使用した、Markus Tにおけるハイエンドモデルです。

Technology meets Nature.と謳われているように、自然素材とテクノロジーのコラボレーションモデルとして、最高水準な逸品が仕上がりました。

c0027834_1520197.jpgHorn by Markus T h-15

一目見てわかる存在感はサスガの一言。
me Markusに比べて、ややしっとりとした艶感があります。

バッファロー・ホーンは肌に優しく、とにかく軽量。
自然素材の為、世界に二つとして同じ柄はありません。

しかし、バッファロー・ホーンのメガネフレームで、こんなに薄くできるの?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこに「テクノロジー」の融合があるのです!



c0027834_15461214.jpg表と裏の色の違いがおわかりになりますか?
極限まで薄く削いだ生地を表と裏で敢えて違う方向で貼り合わせる事により、バッファロー・ホーンでは出せなかった弾力性を生み出すことに成功したのです!



c0027834_15453551.jpgネジを使わず、溶接も一切しないMarkus Tの血脈が、ホーンにも受け継がれております。

気になるお値段ですが、税込みで126.000yenとなっております。



正直、安くないメガネフレームです。
それはあくまでも、「値段」側から見ればの話ですが…。
しかし、掛けたときの肌馴染み感や、掛けていることを忘れてしまうほどの軽量感、なんと言っても素材自体が放つ「風合い」を殺すことなく、最新のテクノロジーで作り上げた技術を鑑みると、妥当な価格に思えます。
世の中に出回っているバッファロー・ホーンのメガネフレームとは一線を違えるHorn by Markus Tを、是非一度体感なさってくださいませ!

ため息もれまっせ!
[PR]
by newcomer11 | 2008-04-30 16:11 | Markus T

花の新婚!カンピューター作戦

タイトルに意味はありません。
しかしコレは、とても好きな番組でした。
幼少時、わからないながらも「あぁ、ヤラシイ事言うてるんや~。」と思いつつ見ておりました。
この意見に同意していただけるのは、30代後半以上のオッサンであるはずです。

今日は、HUSKY NOISEのフレームのご紹介っす!

c0027834_1112212.jpgH-59 7.Greysasa / Brownkohaku

えーっと、新型ではありません、新色です。

昨年秋のリリース以来、アホかっちゅうくらいご支持を得ているH-59に拍車を掛ける作戦でございます。
フロントとテンプルの色の切り返しが斬新なこのモデルのテイストに、さらに洗練さを増して受け継がしております。

え?テンプルの色がわかりにくいって?
ワザとワカランようにしてまんねん!

理由は、「写真には写らない 美しさがあるから…。」
                  リンダ リンダ~♪



c0027834_1185725.jpgH-59 9.Rosesasa / Yellowkohaku

これまた肌馴染みがヨイのです!
デザイナーKは、女性を美しく見せる為の努力は怠りません!(笑)

さらに、細かな配慮がありまして…、
「アイメイクがレンズに干渉してしまうから、メガネはイヤ!」
と言う女性の声に耳を傾けた結果、セルフレームにノーズパッドを標準装備しております!
メガネはズレへんわ、マスカラ付けへんわで、サイコーですわ。

この「孫の手」的発想があってこそ、自信を持ってオススメできるのです!



c0027834_1225528.jpgH-60 8.Wine / Bluekohaku

ハイ!コチラも大人気品番の新色でござる。
オイラ、一目惚れカラーでござる。
顔に乗せたときのパープル加減が、めちゃめちゃキレイなんですよ!

あ、ノーズパッドで言い忘れてた事が…。
今までHUSKY NOISEに採用されていたパッドは、シルク成分を練り込んで作られた「ピュアセリシンパッド」やったんですが、今回(前からやけど)搭載されているのは、トウモロコシの成分で作られた植物性プラスチックのモノへと変更されました!

肌荒れ対策も考えたメガネは、そうそうありませんでぇ!



c0027834_1212079.jpgH-60 10.Greensasa / Greenkohaku

HUSKY NOISEプレス担当のPDヒロ子がオススメのカラー。
グリーンが苦手やと仰せの淑女にお試しいただきたい。

めちゃめちゃグリーンが似合う自分を発見できますよ!
ミドレンジャーの次にグリーンが似合うようになると思います。

是非、サラサラ黒髪に合わせていただきたい!!
とエロオヤジは願っておるのでございます。

価格はいずれも22.050yen(税込み)となっております。



いいモノやキレイなモノは、それを褒める言葉なんていらなんです。
見ればわかる魅力、オーラを放ってますからね。
画像ではなく、実際に手にとってジロジロと舐めるように眺め倒して、その後ため息ひとつついて、「コレ、ホンマにエエね!」と言ってもらえると思います!
捨て色ナシ!
さ、カラー選びに時間を割いてくださいね!
[PR]
by newcomer11 | 2008-04-26 12:25 | HUSKY NOISE

ヤングおー!おー!

タイトルに意味はありません。
しかしコレは、とても好きな番組でした。
この意見に同意していただけるのは、30代後半以上のオッサンであるはずです。

では、30代後半のオッサン(気持ちは20代)がステキなサングラスをご紹介しちゃうぜっ!

HUSKY NOISEです!

c0027834_17311512.jpgH-69 2. Creambrulee

「流行りか何か知らんけど、最近のサングラスってデカすぎて『いつ掛けるねんっ!』って言いたなるわ!」
…、とお嘆きの淑女にご提案。

「デカすぎず、小さすぎない」お上品な大きさを、「おいしそうなカラー」でご用意いたしました。
レンズサイズが51㍉と、バツグンのミディアムサイズでございます。

それでいて、レンズのグラデーションがキレイに出るシェイプが、紫外線対策バッチリな機能性も兼ねております。

デザイナーK、抜かりなし!



c0027834_1865688.jpgH-69 3.Winejulep

「流行りか何か知らんけど、最近のサングラスってゴツすぎて『重たいねんっ!』って言いたなるわ!」
…、とお嘆きの淑女にご提案。

敢えて細身のリムで勝負です!

フレームカラーをキレイに見せるため、ゴツい作りが目立つ昨今のトレンド、細身でも十分キレイに見せるのがHUSKY流テイスト。

サングラス先行のファッションではなく、エッセンスとして個性を光らせる最高のサブアイテムの位置づけ。

もう唸るしかありません。


日差しがキツくなる前に、持っておきたいこの1本!
価格は24.150yen(税込み)となっております。
まいどーっ!

この「やりすぎない」控えめなデザインで可愛くみせる手法は、HUSKY NOISEの十八番と言っても過言ではないでしょう!
この春夏も、HUSKY中毒が蔓延しそうです!!!
[PR]
by newcomer11 | 2008-04-25 18:23 | HUSKY NOISE