<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

上品にカジュアル。

久々にFLEAの登場です。

ノミのジャンプにヒントを得た、独特な形状のテンプルを持つFLEA(フリー)。
この形状が醸し出す快適な掛け心地に、リピーターが爆発的に増えています。

c0027834_17543783.gifF-85

FLEAファンの90%以上が女性なので、女性が一番美しく見えるレンズシェイプをご用意致しました。
上下幅も一番深い所で30mmありますので、遠近両用にも対応できます。

このカラーは、艶と深みのある赤なので、表情を引き締める効果があります。

掛け心地に関しては、文句ナシ!

ゼヒ、お試しください。



c0027834_1755793.gif続きまして、新色です。
シルバーの地金に目の周りだけカラーを付けた、落ち着いた雰囲気のメガネです。
ゴールドのバージョンもあるのですが、やや落ち着きすぎ感が強いので、シルバーをチョイスしました。

リムのカラーはラメが少し入ったパープルなので、派手すぎず地味すぎず。。。
非常にイイ感じです。

色違いで欲しくなる逸品となっております。

価格は、¥23.100です。





c0027834_17551758.gif特筆すべき特長は、新デザインのテンプルです。

1本の芯をプレス&ベンドした従来のテンプル形状から、チョット段をつけてみました。
強度も掛け心地も損なわず、新鮮さを出すアイディアはさすが!

流行りを追い掛けず、自分の思ったモノをリリースする姿勢がとても好きです。

セールスポイントが「素材はチタンです。」 とか、
「今とても流行っています。」 だけじゃあ、そのデザイナーや職人さんをないがしろにし過ぎやと思うんです。
悲しすぎます。



…、アツくなってしまいましたが、これからもアツく語れるフレームたちをご紹介していきたいと思います。



[PR]
by newcomer11 | 2006-02-27 18:25 | FLEA

時代に逆らえ!

c0027834_11133227.gif何ちゅう事をするんですか?

SOLID BLUEから新しくリリースされたキワモノ。

S-80 Col.1 - ツヤクロ

昭和時代を彷彿とさせるシルエット&カラー。
以前にはS-63でセルロイドを使用し、クラシカルなイメージで提案されていたが、今回は全く似て非なるモノです。

ダサカッコイイ。

そんな言葉がピタリです。



c0027834_1113417.gifS-80 Col.2 - クロマット

懐かしすぎて、むしろ斬新なカラー。
一切、光沢のないクロ。

天地幅(上下幅)が37㎜とかなりユトリがあるので、この艶無し感がたまらなくイイ!

アラレちゃんメガネ時代の再来を感じさせます。



c0027834_1113489.gifS-80 Col.3 - クロハーフ

この色がないと、懐古の情を感じません!

危険極まりないカラー。一歩間違うと確実にヤバイ
要センス。

古き良き時代のkoki 62G を思い出します。


c0027834_11135599.gifS-80 Col.4 - ビールハーフ

このビールという響きがイイ!

全4色の中で、一番難易度が高いカラー。
呪文ならパルプンテ級。 何が起こるかわかりません。

こんなん、おじいちゃんが掛けとった!と思われた方、正常な反応です。



以上、S-80
価格は¥18.900です。
[PR]
by newcomer11 | 2006-02-23 11:44 | SOLID BLUE

新色(オリジナル カラー)入荷!

c0027834_16202169.gif


どうですか、この繊細なカラー?
しかも、本国ドイツでは売られていない、完全オリジナルカラーです。

me Markus T me013

me Markus T (ミー マルクス ティー) … ドイツの若きクリエーターマルクス テミングが手がける超機能的メガネフレーム。
ネジ・ロー付けを一切使用しないフレームdeSIGN Markus Tの進化版にあたるme Markus Tをカスタマイズして、
ホワイトのフレームを、ヒミツの染色液で染めてピンクに仕上げました。

機能性ばかりが先行しすぎた感があったdeSIGN Markusに、カラーというエッセンスを加え爆発的人気を得たme Markus。

今後のEVOLUTION (進化)から目を離せないブランドです!
[PR]
by newcomer11 | 2006-02-20 16:37 | Markus T

お久しぶりの更新です。

ズイブンとご無沙汰しておりました。。。
新作の発表会でもあるIOFTに行けへんかったら、こんなに新作を紹介できなくなるとは思いませんでしたわいな。

久々に入荷した新作たちを紹介したいと思います。


チタンの魔術師の奥義!
c0027834_1263374.gifZ Parts Z-53

見た目はシンプルすぎるシルエットなんですが、今までの常識をタイタニックばりに転覆させる勢いを持っているのです!
実はコレ針金状のβチタン1本から、折り曲げ、プレス、そして切削されて生まれた、究極のミニマリズム!

常時メガネを装用する人にとって、メガネを外すシーンは1日にどれだけあるだろうか?
じゃあ、畳めなくてもエエんちゃう?
そこに着目し、アイディアをカタチにできる職人を探し出し、時間と手間を掛けてプロダクト化に成功!

これぞMADE in JAPANの真骨頂!



c0027834_1216217.gifココがミソ!その①

通常、ネジ止めされているテンプル(耳掛け部)。
そこに弾力性に富むβチタンを使用することによって、顔を包み込むようなフィーリングでやさしいホールド感を醸し出す。
収納時にも配慮がなされており、専用のケースも付属しています。

軽量化だけに特化して、安定性を失ったメガネとは一味も二味も違う逸品。



c0027834_12163068.gifココがミソ!その②

製作上、一番骨を折ったブリッジ部
本来ならばロー付け(溶接)するブリッジ部。
一箇所ずつ折り曲げ、プレスを繰り返し、ノーズパッドを必用としない、一山(いちやま)を作り出した!

当然このフレームは溶接箇所が1ヶ所もないので、堅牢性もあり、長期間の使用にも問題が無い。

作りたくても作れなかった技術の結晶が今ココに誕生しました。

価格は税込¥39.900です。



続きまして…。


c0027834_12321419.gifZ Parts Z-55 ・ Z-56

フツーです。

小顔さんや、強度さんにもってこいのやや小振りなメガネ。

しかし、チタンの必殺仕事人が生み出すフレームなので、掛けやすさがバツグンにイイのです。
Z Parts全シリーズに共通の一コ智・スパルタ丁番は健在。

細やかな部分にもこだわりを持つベーシックモデル。


c0027834_1232257.gifコチラは主に男性向けとなっております。

ある程度の天地幅(上下幅)がありますので、度数が強くて遠近両用にされたい方に向いています。

遠近両用と言えば、昔ながらの大きなメガネにしないといけない。。。
と言う固定観念をぶっ飛ばしてもらい、今風の小振りメガネで変身することが出来ます。

モチロン、どなたでも使用してもらえますよ!


価格は税込¥23.100です。


一度、実際にお手にとって見てください。
お店で掛ける分は、何本掛けてもタダですから…!
[PR]
by newcomer11 | 2006-02-03 13:21 | Z Parts