カテゴリ:Z Parts( 3 )

不朽の定番とは?

まいどっ!
年末らしくない年末ですな!

暗い話題先行の昨今、来年の見通しを明るくするために、眼鏡いかがっすかぁ~?
こんな時ほど、基本に忠実に行きましょか~!

ドドン!

Z-partsですっ!

c0027834_1111331.jpgZ-70 Black IP

デザイン先行になりがちなメガネフレームが溢れる中、飽きの来ないスタイルを追求し続けるZ-partsらしい新作です。
レンズサイズが48㎜・天地(上下)幅が32㎜と、小振りながらゆったりとした変形ボストンシェイプで、強度数の方や遠近両用の方にフルスイングしていただけるモデルです!



c0027834_1111843.jpgZ-71 Brown IP

クラシックテイストが薫るタル型。
老若男女問わないスタイルは、Z-partsならではの技であります。

オン&オフ・フォーマル&カジュアル等、いかなるシーンでも重宝するオールラウンダー!

決して目立ちはしないけれど、他とは何か違う存在感を放ちます。



c0027834_11181030.jpgZ-72 Brush Titan

for menなスクエアウェリントン。
天地幅も34㎜と、遠近両用レンズに最適!
これなら、誰も老眼の入ったメガネを掛けている事に気付きません!

クラシックなスタイルは古き良き時代の象徴と言われますが、実は不朽のデザインだから今現在でも受け入れられ、不動の地位を確立しているのだと考えます。
そしてこの新作が、クラシックテイストを大切にするZ-partsの出した答えなのです。

価格は27,300yenとなっております。



さらにコダワリの部分を掘り下げてみましょう!
c0027834_11252574.jpgさりげないクリングス(鼻当ての足部分)一体成形のブリッジ!
一体成形することで、強度と機能性を高める事に成功しました!
さらにノーズパッドには「形状記憶樹脂」を使用し、掛ける人の体温によって形状を変化させ、フィット感を向上させている。



ここまで掛ける人の事を最優先に考えられたメガネフレームは、なかなか世の中に存在しません。
基本に忠実にそして真摯に作り上げられたZ-partsこそが、これから迫り来る激動の時代にマッチしていくと確信しております!
[PR]
by newcomer11 | 2008-12-23 11:33 | Z Parts

ネオ・クラシックへ…。

今年1発目の新作入荷案内です!

奇をてらったデザインのフレームは掛けてて楽しいですよね!
「眼鏡を楽しむ」という観点から見れば、それは素晴らしいチョイスなんです。

しかし、そのような眼鏡を掛けて行けない時って必ずありますよね…。
そんな時用の眼鏡をご紹介いたします!

Z Partsです。

c0027834_11465280.gifZ-59 AS(アンティークシルバー)

シンプルなメガネをオシャレなメガネに見せる事は、とっても難しい事なんです。
「ジャマしない」と言う事は、「目立たない」と言う事ですから…。

でも「さりげなく」という言葉にピッタリくるのがこのモデル。

随所に散りばめられた技術の粋が、フツーに見えるメガネを昇華させます。

細かな技術は後ほどご説明いたします。



c0027834_11534865.gifZ-62 BL(ブラック)

嫌味のないタル型です。
オーバルをチョット変化させるだけで、ここまで印象が変わります。

ありきたりなメガネとはひと味違うこだわりを感じますよ!

モチロン、Z Partsの得意芸である、一コ智・スパルタは健在!

チタンを知りぬいた男が作る作品らしい1本です。

価格は24.150yen(税込み)となっております。


ここでウンチクを…。
このフレームを良く見てみると、ブリッジ部(鼻当ての辺り)の形状が他のそれと若干違う事にお気づきですか?
c0027834_1252316.gif

角度を変えて、もう一丁!
c0027834_126216.gif

ブリッジとクリングス(鼻当てパッドを付ける足)が一体化されているのです!
このようなパーツの事を、マンレ山と呼びまして、昔によく使われていた手法だそうです。
これは見た目だけの話ではなく、溶接箇所を最小限に抑える事ができるので、リム切れを起こしにくいメリットがあります。
通常の手法だと、ブリッジ部を溶接し、またその近くにクリングスを溶接しなければなりません。
その温度はナント1.000℃!!

新しい技術と、古き良き時代の手法のコラボレーションにて生まれたZ Parts。
やはり、そこら辺のフレームと同じ土俵には置けませんな。。。
[PR]
by newcomer11 | 2007-01-12 12:18 | Z Parts

お久しぶりの更新です。

ズイブンとご無沙汰しておりました。。。
新作の発表会でもあるIOFTに行けへんかったら、こんなに新作を紹介できなくなるとは思いませんでしたわいな。

久々に入荷した新作たちを紹介したいと思います。


チタンの魔術師の奥義!
c0027834_1263374.gifZ Parts Z-53

見た目はシンプルすぎるシルエットなんですが、今までの常識をタイタニックばりに転覆させる勢いを持っているのです!
実はコレ針金状のβチタン1本から、折り曲げ、プレス、そして切削されて生まれた、究極のミニマリズム!

常時メガネを装用する人にとって、メガネを外すシーンは1日にどれだけあるだろうか?
じゃあ、畳めなくてもエエんちゃう?
そこに着目し、アイディアをカタチにできる職人を探し出し、時間と手間を掛けてプロダクト化に成功!

これぞMADE in JAPANの真骨頂!



c0027834_1216217.gifココがミソ!その①

通常、ネジ止めされているテンプル(耳掛け部)。
そこに弾力性に富むβチタンを使用することによって、顔を包み込むようなフィーリングでやさしいホールド感を醸し出す。
収納時にも配慮がなされており、専用のケースも付属しています。

軽量化だけに特化して、安定性を失ったメガネとは一味も二味も違う逸品。



c0027834_12163068.gifココがミソ!その②

製作上、一番骨を折ったブリッジ部
本来ならばロー付け(溶接)するブリッジ部。
一箇所ずつ折り曲げ、プレスを繰り返し、ノーズパッドを必用としない、一山(いちやま)を作り出した!

当然このフレームは溶接箇所が1ヶ所もないので、堅牢性もあり、長期間の使用にも問題が無い。

作りたくても作れなかった技術の結晶が今ココに誕生しました。

価格は税込¥39.900です。



続きまして…。


c0027834_12321419.gifZ Parts Z-55 ・ Z-56

フツーです。

小顔さんや、強度さんにもってこいのやや小振りなメガネ。

しかし、チタンの必殺仕事人が生み出すフレームなので、掛けやすさがバツグンにイイのです。
Z Parts全シリーズに共通の一コ智・スパルタ丁番は健在。

細やかな部分にもこだわりを持つベーシックモデル。


c0027834_1232257.gifコチラは主に男性向けとなっております。

ある程度の天地幅(上下幅)がありますので、度数が強くて遠近両用にされたい方に向いています。

遠近両用と言えば、昔ながらの大きなメガネにしないといけない。。。
と言う固定観念をぶっ飛ばしてもらい、今風の小振りメガネで変身することが出来ます。

モチロン、どなたでも使用してもらえますよ!


価格は税込¥23.100です。


一度、実際にお手にとって見てください。
お店で掛ける分は、何本掛けてもタダですから…!
[PR]
by newcomer11 | 2006-02-03 13:21 | Z Parts